ログイン 会員登録

Vol.284 【福井新築輸入住宅コラム】カナダは大規模木造建築先進国

一覧に戻る >
こんにちは!なべネコです。
福井で注文住宅をご検討中の皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
福井で「新築住宅」「輸入住宅」「注文住宅」を建てたい方にお勧めのコラムです。

カナダは大規模木造建築先進国です。
今、地球の気候変動を抑えるひとつの手立てとして、〝木〟が見直されています。
環境意識の高いカナダでは、豊富な森林資源と高い新築木造建築技術を背景に、
公共施設や商業施設といった大規模建築の木造化が進んでいます。

大型木造新築のメリット1 環境にやさしい
新築は、建てることでも使用することでも、環境に多大な負担を与えます。
しかし、こうした新築の環境負荷は、新築設計と建て方の工夫により、大幅に軽減することができます。
そこで重要な役割を果たすとされているのが木です。
時代を通じて、木は常に人間の生活文化の中にありました。
美しく、ぬくもりのある新築生活環境をつくり、加工も自在。
さらに数ある建材の中で唯一再生可能な木は、環境にやさしい建材です。
森林資源が豊富なカナダでは、昔から新築住宅建築に木を利用してきました。

大型木造新築のメリット1 エネルギー効率が高い
新築のエネルギー消費量を抑え、環境に負荷を与えない〝持続可能な新築〟とするためには、
新築そのもののエネルギー効率を高めることが大切です。
木は、断熱性が高く、鉄の400倍、コンクリートの10倍もの断熱性を誇ります。
これはつまり、鉄骨やコンクリートを使用して木造新築と同程度の断熱性を確保するためには、
より多くの断熱材が必要になるということで、コストの面から考えても木材の優位性は明らかです。
このほか木材には、原料採取・加工・輸送に要するエネルギーが少ないというメリットもあります。

大型木造新築のメリット1 耐久性と柔軟性を有する
長く使える製品はそれだけ環境負荷を軽減します。
木造新築は耐久性が高くリフォームしやすい新築と言われています。
実際、カナダでは新築100年を超える家に住み続ける人が少なくありません。
これはカナダ住宅が耐久性の高い木材を使用し、
住む人の変化に合わせてリフォームできる柔軟性に富んだ新築設計となっているためです。
更に木造新築にが、解体が容易で、その資材を再利用できるというメリットもあります。
これらを背景に、カナダでは公共施設を中心に、木材を使用した大規模木造新築への
転換が積極的に行われています。
 

福井で新築をご検討中の皆様、ぜひご参考に。

福井県で新築、注文住宅、高気密高断熱住宅、ZEH住宅、輸入住宅、デザイン住宅を求めるあなた様へ

2019.04.28
一覧へ戻る

MENU

注文住宅ラインナップ タキナミの分譲住宅

閉じる