• HOME
  • 【福井新築輸入住宅コラム】 住宅性能。
ログイン 会員登録

Vol.273 【福井新築輸入住宅コラム】 住宅性能。

一覧に戻る >

こんにちは。セルコベアです。

福井で「注文住宅」「輸入住宅」「新築住宅」を建てたい方にお勧めのコラムです。

皆様の新築住宅のこだわりは何ですか?
インナーガレージ?カバードポーチ?はたまたレンガの家?
新築住宅をお考えの際、住宅性能にもこだわりたいですよね。

皆さまは、どのような生活を夢見て新築住宅を建てますか?家族と一緒に食卓を囲む、子どもと遊ぶ、一日の疲れを癒す。
住宅は心が安らぐ憩いの場所であり、新築住宅で快適に過ごし、健やかな暮らしを送ることは家族にとって最も大切な事だと思います。
しかし、新築住宅であればどの工務店で建てても快適で健やかな生活が送れる、という訳ではないのです。
健康で快適に過ごすためには、新築住宅の断熱性能に注目することが絶対に必要です。
住宅の在り方と健康との間には密接な関係があるとされており、生活習慣病の要因の20%は住環境に由来していると言われています。
中でも影響が大きいのが、家の中の「寒さ」です。
寒い地域の国は(カナダ、ドイツ、スウェーデン、イギリス)住宅性能が抜群に高いです。
住宅先進国のイギリスでは、冬の室温が18度以下になるような住宅は健康リスクが高く、基本的人権の侵害に当たるとされています。
それに対し、日本では冬の室温が10度以下になるような住宅も少なくなく、
家の中に温度差ができることで起きるヒートショックによる死亡事故が毎年何万件と起きています。
寒さの厳しい福井県だからこそ、健康で幸せに暮らすために新築住宅の断熱性能を高めることが必要なのです。



福井県で新築住宅、注文住宅、輸入住宅を求めるあなた様へ。

2019.03.10
一覧へ戻る

MENU

注文住宅ラインナップ タキナミの分譲住宅

閉じる