ログイン 会員登録

Vol.258 【福井新築輸入住宅コラム】 ツーバイ工法が暖かい。

一覧に戻る >

こんにちは。セルコベアです。

福井で「注文住宅」「輸入住宅」「新築住宅」を建てたい方にお勧めのコラムです。

皆様の新築住宅のこだわりは何ですか?
インナーガレージ?カバードポーチ?はたまたレンガの家?
新築住宅をお考えの際、工法にもこだわってみてはどうでしょう。

輸入住宅の多くは壁(パネル)を箱のような状態に組み立てる2×4工法や木質パネル工法でつくられますが、この壁(パネル)の中に断熱材が組み込まれます。

 

この断熱材の入った壁(パネル)をしっかりと接合することで高い断熱性を発揮するのです。

しかし、せっかく断熱材を施工しても、断熱材がずれていたり、隙間があいていると意味がありません。

さらに、壁体内結露を引き起こす可能性もあります。ですから、断熱材を隙間なくしっかりと施工することがとても大切です。

ほとんどの輸入住宅は、2×4工法や木質パネル工法に代表される面構造です。

これらの工法では、規格化されたサイズの部材に合板を張って壁(パネル)をつくります。

このようにしてできた壁(パネル)を、床・壁・天井として接合して家をつくり上げていきます。

床・壁・天井などは隙間なく強固に一体化され、箱のような状態になるため、気密性が高くなります。

これにより、外気温の影響を受けにくく、室内の空気も外に漏れにくいのです。



 

福井県で新築住宅、注文住宅、輸入住宅を求めるあなた様へ。
2018.12.07
一覧へ戻る

MENU

注文住宅ラインナップ タキナミの分譲住宅

閉じる