ログイン 会員登録

Vol.428 分譲住宅・建売住宅VS賃貸【★福井建売・分譲コラム】

一覧に戻る >
皆さん、こんにちは。
福井で分譲住宅・建売住宅を購入したい!という方にお届けする福井建売・分譲コラムです。
福井で分譲住宅、建売住宅をご検討の皆様、家づくりはいかがお進みでしょうか。

分譲住宅・建売住宅を選ぶ際の避けられないテーマとして「賃貸と分譲住宅・建売住宅、どちらがお得なのか?」と考える方も多くいらっしゃるかと思います。
今回は、賃貸と分譲住宅・建売住宅、どちらを購入するのがお得なのかについてお話していきます!


●賃貸
賃貸住宅は住み替えを気軽にできることが最大のメリットです。
実際に住んでみて、近隣環境が気に入らなくなったら引越しすればよいと考えている人も多いはずです。
常に賃貸に住み続けて、嫌になったら引っ越すという考え方をしていらっしゃる方もいます。
また賃貸住宅は自分の持ち物ではないので、エアコンや給湯器などの住宅設備が壊れたときには修理代は基本的に大家が負担してくれます。
設備や家が古くなったら、新しい家に引越すことも可能です。
地震などで家が壊れたときに、損失を負担しなくてよいことも安心材料といえます。

では、持ち家と比べた場合の賃貸のデメリットに触れておきましょう。
古い物件の場合は、インターネット環境が整っていない、コンセントの数が足りない、家電を使うとブレーカーがすぐに落ちてしまう、などが毎日のストレスになることがあります。
そして、困る前に知っておきたいのが退職後。
賃貸は、一生家賃を払い続けるだけでなく、更新料がかかり、その月は支払額が増えます。また、更新のたびに保証人を用意しなければならないなど、退職後の住まいが不安定。
特に保証人については、家賃保証は保証会社にお金を払うことで確保できても、年をとればとるほど身元保証人が求められるケースが増えており、頼める人がいなければ賃貸契約の更新を断られることがあります


●分譲住宅・建売住宅
分譲住宅・建売住宅のメリットとしては分譲住宅・建売住宅の質の高さが挙げられるでしょう。
最近の分譲住宅・建売住宅は一定の耐震性や省エネ性を備えた分譲住宅・建売住宅が多く、安心で快適に住めるケースが一般的です。
耐久性も高まっているので、築年数が浅ければ一度買えば一生住める場合も多いでしょう。
分譲住宅・建売住宅は自分の持ち物なので、お金はかかりますが自由にリフォームすることが可能です。
お金についてはやはり住宅ローンの返済が終わったあとの負担の軽さが大きなメリットと言えます。
リタイアするまでに住宅ローンを返し終えれば、住居費としては固定資産税や修繕費ぐらいで済むので、老後のキャッシュフローは大幅にラクになります。
さらに分譲住宅・建売住宅は資産になるという点も見逃せません。
家賃はいくら払っても分譲住宅・建売住宅が自分のものにはなりませんが、分譲住宅・建売住宅ならいざというときに売ったり人に貸したりすることで、現金収入を得ることも可能です。
 

マイホームを検討する際に、分譲住宅・建売住宅にするのか賃貸にするのかを検討するのは、非常に大切です。
分譲住宅・建売住宅と賃貸では、明確にメリット・デメリットが異なります。
現在のライフスタイルはもちろん、将来的なライフスタイルのビジョンも見据えて検討するとよいでしょう。


住まいの体感ランドはコチラ⇒⇒

モデルハウスの見学など 来店予約はこちらへ→→→

タキナミが提供する住宅や、タキナミに関する 資料請求はこちらへ→→→

タキナミは創業99年。信頼と歴史の中でつちかった実績での新築住まいづくりを提供しています。

では、快適な新築・住まいづくりを一緒に考えていきましょう。

福井市、鯖江市、越前市、坂井市、あわら市、勝山市、大野市、敦賀市、小浜市で分譲住宅を建てる。
 
福井新築、福井分譲住宅、福井注文住宅、福井建売、福井モデルハウス、福井
2021.10.09
一覧へ戻る

MENU

閉じる