ログイン 会員登録

Vol.427 分譲住宅・建売住宅の換気!【★福井建売・分譲コラム】

一覧に戻る >
皆さん、こんにちは。
福井で分譲住宅・建売住宅を購入したい!という方にお届けする福井建売・分譲コラムです。
福井で分譲住宅、建売住宅をご検討の 皆様、家づくりはいかがお進みでしょうか。

今回は、分譲住宅・建売住宅の換気についてお話していきます。
換気は、分譲住宅・建売住宅内の空気と外の空気を入れ替えることですが、なぜ換気を行うのでしょうか。
一番の目的は分譲住宅・建売住宅内の汚染物質を含んだ空気を外へ出したり薄めたりするために換気を行います。
汚染物質とは、二酸化炭素や一酸化炭素、ハウスダスト、花粉、細菌、ウイルスなどが挙げられます。
最近ではインフルエンザウイルスやコロナウイルスが目立ちます。
これらの汚染物質から身を守るためにも換気は必要になります。

その換気について、方法は主に2つあります。
1つめは窓を開けること。
2つめは換気扇を回すことです。
窓を開ける換気は室内の空気を出す『排気』と外から新しい空気を入れる『給気』を同時に行います。
一方で、キッチンやトイレなどの換気扇を回す方法では基本的には排気の役割のみです。
新鮮な空気を取り入れる給気は給気口から行うことが多いです。
換気扇を回す方法の中でも、実は3種類あります。

1つ目は第1種換気になります。
屋外の空気を換気扇で取り込み、室内の空気を換気扇で排出する方式です。
機械で換気扇を回して排気や給気を行うので、計画的な換気が行えます。
しかし冬の場合、分譲住宅・建売住宅内の暖かい空気を排気する場合に、
屋外の冷たい空気が分譲住宅・建売住宅内に流入するので、部屋が寒くなってしまいます。
それを防ぐために、熱交換型換気扇を使用します。
換気扇の所で、熱交換を行い室内の温度に近い空気を取り込む事ができる換気扇です。

2つ目は、第2種換気です。
屋外の空気を換気扇で取り込み、その圧力で分譲住宅・建売住宅内の空気を自然換気口から屋外へ排出する方式です。
病院など無菌状況が必要な部屋(手術室)やクリーンルームには最適な換気方法になります。
ただ、分譲住宅・建売住宅の気密性によっては、室内の湿気が外へ排出されず、
建築物内の壁などへ浸入する恐れがあり、内部結露を起こす可能性があります。

3つ目は、第3種換気です。
分譲住宅・建売住宅内の空気を換気扇で屋外へ排出し、その圧力で屋外の空気を自然換気口から取り込む方式です。
昨今の分譲住宅・建売住宅では一般的にこの換気方法が使われています。
しかしながらこの換気では、屋外の空気の温度を直接取り込む為に、室内の温度の影響が大きくなってしまいます。
さらに、家の形や間取りによっては十分な換気が行われない可能性もあります。
この第3種換気においても、分譲住宅・建売住宅の気密性は重要です。
分譲住宅・建売住宅の気密が悪いと換気扇を回していても、換気が十分に行うことができません。
 
以上が換気の種類になります。実は、換気は方法と機器も重要ですが、
併せて分譲住宅・建売住宅の気密性も重要です。
 
今回のまとめですが、分譲住宅・建売住宅を購入して健康に暮らすためには換気で新鮮な空気を保つのが重要!
換気扇がついているからと言って換気できているとは限らないため、換気方法と効果を確認することが重要です。

住まいの体感ランドはコチラ⇒⇒

モデルハウスの見学など 来店予約はこちらへ→→

タキナミが提供する住宅や、タキナミに関する 資料請求はこちらへ→→→

タキナミは創業99年。信頼と歴史の中でつちかった実績での新築住まいづくりを提供しています。

では、快適な新築・住まいづくりを一緒に考えていきましょう。

福井市、鯖江市、越前市、坂井市、あわら市、勝山市、大野市、敦賀市、小浜市で分譲住宅を建てる。
 
福井新築、福井分譲住宅、福井注文住宅、福井建売、福井モデルハウス、福井
2021.10.06
一覧へ戻る

MENU

閉じる