ログイン 会員登録

Vol.411 分譲住宅・建売住宅での快適性と快感【★福井建売・分譲コラム】

一覧に戻る >
皆さん、こんにちは。
福井で分譲住宅・建売住宅を購入したい!という方にお届けする福井建売・分譲コラムです。
福井で分譲住宅、建売住宅をご検討の皆様、家づくりはいかがお進みでしょうか。

今回は、分譲住宅・建売住宅における「快適性」についてお話していきます。
漠然と「快適」という言葉を使っていましたが、快適とはどのような状態なのでしょうか?
夏でも冬でも、体が適温の範囲でちょうどよく放熱することができる、というのが質の高い快適な温熱環境だと言えます。
それは、分譲住宅・建売住宅で「夏涼しく」「冬暖かい」という感覚とはちょっと異なります。
分譲住宅・建売住宅で「涼しい」「暖かい」という感覚は、快感に近いものです。
快感は変化によってもたらされます。
寒い外から帰ってきて、分譲住宅・建売住宅の暖房の前に座ると「暖かい」と感じます。
しかし、快感というのは長続きしません。
石油ファンヒーターの前に座ると、最初は暖かいですが、そのうち暑くなり不快に感じてくるという経験はありませんか?
熱的に極端な冷却・加熱の環境に急に身体が晒されると、人間の身体は熱のバランスを保とうと必死になり、体に大きなストレスをかけることになります。

その結果、心臓発作などの被害が多くなります。
また、温度変化のギャップが大きいと冷暖房のエネルギー面の無駄も大きくなります。
暑いときに冷たい熱、寒いときに熱い熱を生み出すことにはムリがあり、余計な電気を使ってしまいます。
分譲住宅・建売住宅での快適は、快感とは異なります。
快適な分譲住宅・建売住宅空間では体は最小限のストレスで放熱量を維持でき、体の各部位が適温に保たれます。
分譲住宅・建売住宅で暑さ・寒さといった感覚も生じることなく、
体も心もリラックスしたまま、ずっと長くい続けることができるのです。

「快適な分譲住宅・建売住宅」で大事なのは暖房機器よりも建物の断熱性です。
どのような暖房方式でも、分譲住宅・建売住宅の断熱性能が悪い場合には放射環境が低温なため、
高温の暖房が必要になり、エネルギー消費が増大し快適性も低くなります。
今回のまとめですが、分譲住宅・建売住宅での快適と快感は違います!
快適な分譲住宅・建売住宅を目指していくことが重要です。


住まいの体感ランドはコチラ⇒⇒

モデルハウスの見学など 来店予約はこちらへ→→→

タキナミが提供する住宅や、タキナミに関する 資料請求はこちらへ→→→

タキナミは創業99年。信頼と歴史の中でつちかった実績での新築住まいづくりを提供しています。

では、快適な新築・住まいづくりを一緒に考えていきましょう。

福井市、鯖江市、越前市、坂井市、あわら市、勝山市、大野市、敦賀市、小浜市で分譲住宅を建てる。
 
福井新築、福井分譲住宅、福井注文住宅、福井建売、福井モデルハウス、福井
2021.08.23
一覧へ戻る

MENU

閉じる